コピーをとっておく

コピーした履歴書を提出することはNGです。
同じものを、他社に使いまわしていると取られる可能性もあるからです。

また、失敗した箇所を修正液なので訂正し、失敗を消すためにコピーすること、
きれいに書けた部分だけを集めてコピーすることもNG。
手間がかかっているのに、手抜きだと思われます。

しかし、提出するものをコピーして保管しておくことは必要です。
 ・いつ
 ・どこの会社に提出したものか
メモとともに保管しておきましょう。

業界によっては、他社の面接を受けるときに応募動機などを、
書き換える必要があるし、面接の最後までは、書いた内容を忘れないで
おくために必要になります。

また、万が一の時、同じものを同じ会社に提出することもできるので、
安全策のひとつとして、出来上がったものを一部控えとしてコピーしておきましょう。

一度に沢山作っておく

履歴書のフォーマット部分は、一度に作ってしまっても構いません。
コピーするのとは違いますよ。

誤字脱字のないように丁寧に仕上げていくと、履歴書1枚でも思ったより作成に時間がかかります。
就職活動の中では、1日に何社も回ったり、合同説明会で受け取ってもらえる場合もあるので、予備の分も考えて、多めに作っておくほうが安全でしょう。

この記事もオススメです

Good Site