エントリーシートとは

就職試験の際に、企業などの雇用側が履歴書では書ききれない
応募者の意思を図るために提出させる応募用紙のことです。

大学の新卒採用では、就職協定が廃止された後も、青田買いに拍車がかかり
4年制大学では3年生のうちに卒業見込み者にアプローチをかける企業が多くなります。
逆に学生の方も、早いうちから人気企業に自己PRをし、
売り込みをかけないといけなくなっています。

エントリーシートの提出が採用試験の申し込みともなり、
早ければ早い方がよいと言われます。
大手企業では、メールエントリー方式を採用する所も多く、
人気を集める企業では、エントリーシートで一次審査を行うこともあります。

提出書類としては、
履歴書+エントリーシートのこともあれば、
エントリーシートの内容に、履歴が含まれていることもあります。

主な内容は、「自己PR」と「志望動機」ですが、
企業独自のフォーマットがあり、
聞き出したいことや質問の意図を読み取らなければなりません。

「エントリーシート」を「ES」と略している場合もあります。
新卒採用の場合は、大量の候補者がいるため、
大まかなふるい落としをするために提出させる企業がほとんどです。

用紙に記入し郵送などで提出する方法、
インターネットのWeb上で送信する企業も多くなってきています。


エントリーとエントリーシート

エントリーシートは、企業独自の履歴書のようなもので、
書類を出す前に、エントリー(登録)という段階がある場合もあります。

エントリーで簡単な自己PRを書く場合がありますが、
その内容は、次に提出するエントリーシートに同じことを書いても構いません。

1枚のエントリーシートの、複数の項目のなかで同じことを書かないように気をつけましょう。

この記事もオススメです

Good Site