エントリーシートを読んでもらうために

履歴書と違いエントリーシートの場合、
本人の資質や考え方などを審査するために記述する項目が沢山あります。

履歴書と同じく、多人数を受け入れる場合、
会社は全ての人を面接まで迎え入れて審査するには
手間がかかりすぎてしまうため、エントリーシートを第1次審査として、
ふるい落す場合があります。
いわゆる書類審査というものです。

エントリーシートは読んでもらわなければ、内容が伝わりません。
そうすると、印象が悪いと、いくら内容が良くても、
読んでもらえないことになってしまいます。

では、印象が悪いとはどういうことか・・・

・字が汚い(乱雑、小さすぎる、大きすぎる、文字のバランスが悪い、汚れているなど)
・記入スペースに対し、記入内容に過不足がある
・明らかな誤字脱字が多い

等です。履歴書と同じく、まず見た目に”やる気”を感じられるかどうかは大事なことです。

その次に、文章の内容書きます。
文章の内容は、ただ企業が喜ぶことを書き連ねるだけではいけません。
相手が求めていることや、自分の将来性も予想し、
自分を売り込むことが大事です。

それよりも1番大事なのは、質問と答えがかみ合っていること。
文章の善し悪しが人格まで判断されてしまいます。
誰かにチェックしてもらったり、参考になる文章を探してみたり、
最善のものができるように工夫してみてください。

この記事もオススメです

Good Site