学生時代に力を入れてきたこと

大学新卒者の採用試験で、この質問があった場合、
「学生時代」とは大学生の期間のことです。

高校と大学では、学問の習得に違いがあります。
平たく言えば、高校までは、他人に教えてもらうところ
大学は、自分が学ぶところです。

それだけに、大学時代に、自分が時間をどのように使ってきたか
何をしたか、何を得たか、何を考えたか

と言うのが、とても大事なのです。


卒業論文を作っていない

エントリーシートとともに、卒業論文の提出を求められることもあります。
大学は何かを教えてもらうのではなく、自分が決めたテーマを研究する場所です。

そういう根本的な理解があれば、
「卒業論文」として、形あるものが残されていなくても、
自分が追求してきたテーマを発表することができるでしょう。

学生時代に、あなたが何をしてきたか、ということを問われているのです。

もちろん高卒の学生に対しては、
そのような設問はされないはずです。


スポーツ経験

スポーツ経験を聞かれることも多くあります。
ストレートにスポーツの経験と書いてあることもあれば、
課外活動として、体を鍛えているかどうか判断することもあります。

スポーツが苦手な人も、たまたま運動部に所属してなかった人もいるでしょう。

この設問は、スポーツの種類ではなく、
体が丈夫なのか、
健康に気を使っているのか、
体力があるのか、
という意識を図っているのです。

運動選手や、スポーツ用品のメーカーでなければ、
別に運動ができる必要はありません。

この記事もオススメです

Good Site