職務経歴書とは

新規採用以外の就職において、
過去の就業経験について報告する書類です。

再雇用が難しい状況の中、職務経験を自分のアピールポイントとするためにも
とても重要な書類です。

企業の採用担当者は、職務経歴を見て、
どのぐらいの仕事をこなせる能力があるのか、判断の目安にします。


職務経歴書の種類

・年代式職務経歴書

最も一般的な形式です。
特に、アルバイト経験が豊富な人に向いています。

複数の職に就いていたときに、
初めての仕事から今の仕事までを、
時代を追って記入します。


・逆年代式職務経歴書

複数の職に就いていたときに、
初めての仕事から今の仕事までを、
時代をさかのぼって記入します。

欧米の履歴書では学歴も新しい方が重要視され、
年代をさかのぼって記入するのが一般的です。

特に外資系の企業を受ける人は、
注意しましょう。


・職能別職務経歴書

キャリア式とも言います。

転職回数が多い場合、
時系列順に並べるよりも、職務ごとに内容をまとめた方が見やすく、
能力の判断がしやすいといえます。

また、実のところ転職回数が多いと言うのは、
イメージ的に、あまりプラスにはなりません。
職能力を別に分けて書くことで、
転職回数を目立たなくするメリットもあります。

この記事もオススメです

Good Site