職務経歴書の書き方

よほどのキャリアアップでない限り、実際のところ、転職経験と言うのは、マイナスイメージに働くことが多いようです。転職回数が多ければなおさら。

職務経歴書の中では、
・どの会社にいたかということはあんまり重要ではありません。
・どんな業務を
・どのぐらいの重要度でこなしてきたかが必要です。

そのためには職務経験の
・経験年数
・業務内容
・功績
・退社理由

について簡潔にまとめることが大切です。基本的には、1枚の書類に収めるため、詳細は、面接時に詳しく説明するようにします。


職務経歴が少ないとき

職務経歴が少ないときは、自己PRを同じ紙に書いても構いません。

ただし一般的に職務経歴書は、1枚にまとめて出すのが普通なので、
簡潔にまとめるようにします。

また、履歴書でエントリーシートに添付して提出する場合、
同じ内容の繰り返しにならないように、
文章の書き方に工夫する必要があります。


印象に残る書き方

膨大な量の資料に目を通さなければならないとしたら、
あなたならどこに注目しますか?

それが、資料つくりのポイントです。

履歴書のようなフォーマットのない書類の場合、
いかに効率よく印象に残るか、がコツです。

ほとんどの採用担当者は、人事のプロですから、逆に技術や営業部門の専門内容を語られても、よく分からないことが多いといいます。しかも短時間で人材を見極め分ければいけないのですから、「印象」と「常識」がとても大切だといえます。

資料に目を通す時間も短時間なので、
同じ内容の繰り返し、
あいまいな表現、
難しい表現、は避けて必要な事柄を簡潔に書くほうが好印象です。

・いつ、どんな業界に携わっていたか(IT、流通、食品など)
・どのような職務に携わっていたか(営業職、事務職、技術職など)
・どんなスキルがあるか(資格、経験)
・どんな環境にいたか(チームの規模、協調性)
・マネジメント経験

この記事もオススメです

Good Site