筆記用具には何を使う?

・万年筆
・油性ボールペン
・細字サインペン
を使用します。

これらは日数の経過による文字の劣化がなく、
消しゴムや水分などで消えることもなく、
コピーをしても写りがよいためです。

理想的には万年筆がよいとされています。
格式のある筆記用具で、重要書類だということを認識していることを
印象付けられるからです。

しかし何枚かの履歴書のフォーマット部分を一度に書いて
日付の部分や、志望動機の欄を後から書き出すこともあります。

また、書き忘れのため、
念の為、履歴書に使う筆記用具は持ち歩いておいた方が安心です。

そういう意味では、どこでも手に入る(コンビニや駅の売店でも)
ごくごく普通の油性ボールペンにしておくほうが、
万が一の時に対応できて安心かもしれません。

最近ではジェルタイプの細字サインでも人気があります。
文字の太さや濃さが一定で、文字がきれいに見えます。


使わないほうがよい筆記用具

・鉛筆
履歴書に限らず、受け取りのサインでも手紙でも、
自分の証明が必要なものは、消えるもので書かないのが常識です。

・水性ボールペン
水でにじむ可能性があることと、最近の水性ボールペンは消しゴムで消えるからです。

・筆ペン
毛筆の段位者だったとしても、履歴書には適しません。
履歴書は横書きのビジネス文書なので、
毛筆の流れのある字体はとても読みにくいのです。
もしも、筆書きを特技としてアピールするのだったら、
(秘書や総務など、手紙を書くような部門では必要なこともあります)
別紙にて添付するほうが良いでしょう。

この記事もオススメです

Good Site