ビジネス書に対する私のイメージ

"私はビジネス書と聞くだけでなんだか難しそうだなと敬遠してしまい、いまだ読んだことはありません。
私のビジネス書に対するイメージというと、経済や経営、マーケティングなどビジネスの経営側に立った指南書といったものになります。
もちろんそれ以外にも細かいジャンルはいろいろあるのでしょうが、大まかにわけるとやはりそういったものの方が、数多くあるように思います。
私自身はあまり経済や経営といったことに興味はなく、またたいして詳しいわけでもないので、たとえ読んだとしても内容の半分も理解できないのではないかと思います。というかそれ以前に、そもそも最後まで読み終えることができるかどうかも怪しいものです。途中で読むことを諦めてしまうのではないかと思います。
ですが今まで一度もビジネス書を読んだことがないため、もしかするとただの私の思い込みかもしれず、読んでみると意外に面白いものなのかもしれません。
もし内容のわかりやすいものがあれば、一度読んでみても良いかなと思います。"

この記事もオススメです

Good Site